沖縄の移動手段は便利なレンタカー利用をオススメします

サイトマップ
レンタカー

沖縄の交通事情とレンタカーについて

ハンドル

青い海や雄大な自然で人気の沖縄。東京や大阪からも3時間程度で行けるとあって女子旅にも、カップルにも、ファミリーにもオススメです。今回は、沖縄の交通事情と便利なレンタカーについてお伝えします。
まずは飛行機で那覇空港に到着。その後は、リゾートホテルの送迎バスを待つ人、那覇市内のホテルに向かうため「ゆいレール」に乗る人、レンタカーの手続きをする人に分散します。中でも、一番多いのがレンタカーです。沖縄県には「ゆいレール」というモノレールが走っていますが、走行距離は空港から首里城までの約13kmです。水族館や海カフェ、人気のパワースポットなどをめぐり、沖縄を存分に楽しむにはレンタカーが便利で欠かせません。
レンタカーは空港やDFS、ホテルなどで借りることができ、便利です。沖縄到着後に申し込むこともできますが、連休などは事前に予約しておく方が安心です。インターネットから予約すると割引や特典を受けられたり、車種の選択肢が広いことが多いので、おすすめです。
レンタカーを借りれば、沖縄本島を縦横無尽に巡ることができます。海カフェや山カフェに行くも良し、海岸沿いをドライブするも良し、TVや雑誌で取り上げられたスポットを巡るも良しです。殆どのレンタカーにはカーナビがついているので、沖縄が初めての人でも安心です。ただし、夕方の渋滞にはご注意を。ETCカードがある人は忘れずに持って行ってくださいね。沖縄を存分に楽しみましょう。

沖縄旅行するなら必須アイテム!レンタカー

国内の旅行先として人気のある沖縄県。まだ一度も行ったことはないけれどいつか必ず行きたい、あるいは学生時代修学旅行で行ってとても楽しかったからまた行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。見どころが盛りだくさんな沖縄。
ですが、実は沖縄は電車がなく、モノレールはありますがかなりわずかな区間、車社会のためすぐ道が渋滞し時間通りにバスが来ないのは当たり前、よって時間が読めず予定がめちゃくちゃになる、ということが頻発します。旅行にトラブルはつきものですが時間通りにバスが来なかったがためせっかく立てた旅行プランが台無し、行きたかったところに行くことができなかった・・・ということは極力避けたいですよね。
ですので、フリープランや単独で沖縄旅行行く場合は便利なレンタカーを借りることをオススメします。ちょっと慣れない土地を運転するのは不安があるかもしれませんが、レンタカーであれば便利でどこに行くにも自由、バスの時間やタクシーが捕まらないなどイライラすることもありません。現地に行ってから「あ!やっぱりあそこにも行ってみたいかも!」ということもできて楽しい旅行がますます思い出深いものになること間違いなしです。これから沖縄旅行に行く方、計画を立てている途中のかたは便利なレンタカーを利用して下さい。

レンタカーを借りて沖縄を楽しもう!

沖縄旅行をする際にはレンタカーを利用するとより便利に楽しむことができます。徒歩、バスなどで島を楽しむのもお勧めですが、車があるとより行動範囲が広がり、短い旅行期間でも十分に沖縄を堪能で着るからです。何より、便利で沖縄はモノレール以外の鉄道がないので移動手段が限られてしまうので、レンタカーを利用することでより沖縄の隅々まで楽しむことができるのです。
また、最近のレンタカーはとっても充実しており、観光ツアー時にレンタカーの予約サービスがついている旅行会社や、チャイルドシートなどの子供用シートを借りることも出来るので家族で旅行する場合でも安心で便利です。更にカーナビ搭載車がほとんどなので初めての沖縄旅行でも迷うことなく目的地にたどり着くこともでき、貴重な時間を有効に楽しむことができるのです。
では、レンタカーを借りる場合の相場はどれくらいなのでしょうか。大体のレンタカー会社が1日5000円~となっていますが、観光オフシーズンや早割などを利用することでより安くレンタカーを借りることができます。また、旅行会社を利用する場合はレンタカー付プランなどもあるのでお得に借りることができる場合も。沖縄空港や滞在先のホテルなどでもレンタカーのパンフレットが沢山置いてあるので現地で借りることも可能です。

沖縄の観光地といえば代表的な首里城

琉球の雰囲気を味わうことのできる首里。そこに建っているのが首里城です。ここは琉球王国時代の様子が感じ取れる場所です。沖縄の観光地として大変有名です。首里城へは車、バス、都市モノレールを使って訪れることができます。車の場合、駐車場がいっぱいになっていたり、お金を取られる場所が多いので注意して下さい。首里城はいくつかの門をくぐっていくとやがて城が現れてきます。その途中にある守礼の門では、有料ではありますが琉装をして写真を取ることができます。首里城跡地へは入場料がかかります。赤を貴重としたお城は、どこか異国の文化漂うスポットとなっています。首里城の中に入ると、沖縄の歴史を学ぶことができます。上へと上がっていくと、かつての琉球国王が座っていた椅子などが現れます。王宮に住む人々がどういう暮らしをしていたのかを見て感じることのできる場所になっています。首里城内では御嶽と呼ばれる、お祈りをする場所が何箇所かあります。そのような場所では大きな声で騒がずに、心静かに見て回り観光を楽しみましょう。首里城付近には龍潭と呼ばれる池があり、その通りは沖縄の家を感じさせる赤瓦屋根の建物が多いのが特徴です。首里城周辺を歩いて観光するのもいいかもしれません。

TOP